2013年01月23日

【うつだYO!】ダイエットについてまとめてみよう〜ダイエットをはじめる前に―気づかぬうちに過食症に陥らないための処方箋 レビュー

2012年の目標で「体を創る」をきめますた。
そろそろ対処できる状態になっただろうということで、
ダイエットというよりは、「規則正しい生活(食事内容を考える)+体力をつける(運動する)」
という感じでいこうかなあと。
先生と相談しつつになりますが、ゆっくりやっていこうとおもいまふ。

そこで、取り組む前に参考になる本を探して読んでみますた。


この本はこれをやれば〜Kgやせる!というより、「食べる」という事に対して
どう取り組むか?を書いてある本です。
情動的過食を認識し減らすことで食生活を修正していく、というのがメインになります
即効性はないけれど、自分を見つめなおして生活を変えることは、
長い目でみれば効果があるんじゃないかなと

厳しい節制をすれば早く結果はでるけど、その生活を続けられないと
結局はリバウンドしてしまいますから( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
あと摂食障害はやばいからね( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
昔ちょっと摂食障害チックになったことがあるし
自分の食事スタイルを見直す為にとても役にたつ本だとおもいました。

それではてきとーですがまとめは続きを読むからどうぞ〜


続きを読む
タグ:うつだYO!
posted by アヒル at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつだYO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

アヒル的2012年のレビュー (3) 目標を達成するために複数の道筋があるなら、どれを選ぶか考える

2012年年間レビューの「3.目標を達成するために複数の道筋があるなら、どれを選ぶか考える」になります

前回の記事で今年の目標と集中するところをつらつらと書いていますが、
Lifehacking.jpさんの記事にゼロ・ゴールについて紹介されています。

2012年の年間レビュー (3) 目標をたてずに目標をクリアしてゆく-Lifehaking.jp


Zen Habits の Leo はこれに対して1ヶ月の目標も1年の目標もたてない、
ゼロ・ゴールの考え方を提唱しています。私は2年前の WDS でこの話題を彼から直接聞くことができました。
ハードルを用意して自分でそれを飛び越えるよりも、
常に自分が情熱を感じている仕事に全力を投下できる毎日をつくろう、とLeoはいいます。
「毎日情熱をかたむけていることが、自然にさまざまなことを達成させてくれるし、
さらに偶然いろいろな場所に連れていってくれるんだ」。

この「偶然」というところがこの考え方の魅力です。情熱をもってブログを書いていたり、
趣味や仕事に打ち込んでいるうちに、その情熱が思ってもみなかった場所やステージへの扉を開いてくれるのです。
それはあらかじめ「目標」として設定していたのでは決して発想できなかった場所でもあるのです。


前回記事で目標をたて集中すべきとことろ決めましたが、その時々に情熱が向いていることに
取り組んでいく、ちょっと興味があったら調べてみるという偶然に身を任せることに
今年は取り組みたいなと思ってます。でも無理せずに走りすぎずにやっていきたいと思います。
てかそもそもうつ病なので情熱がでてくるか不明だし

Lifehacking.jpさんでは上記のゼロ・ゴールと通常のブレイクダウン方式の目標を組み合わせると
良いのではとあります


現実には、多くの人はブレイクダウン式の目標設定と、
この情熱に先導してもらう方法の両方をとりいれることで多くのメリットを得られるでしょう。
情熱をもって取り組んでも結果がすぐに見えてこない活動(ブログなどはそうですね)
については一定の目標を設定して、自分が進歩しているかどうかのバロメーターにするといったようにです。


さてこれをふまえてラストいってみ・・・なんか真面目なこと書いてたらこう反動がきたので
これを貼っとくお!あにきいいいいいい!_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!



そりでは続きを読むからどうぞ〜
続きを読む
posted by アヒル at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

アヒル的2012年のレビュー (2) 次の一年の目標と集中すべき点について考える

2012年年間レビューの「2.次の一年の目標と集中すべき点について考える」になります

前回記事でも引用しましたが、目標とは下記のようなもの


目標というのは個人的で、自分を開放するものであるべきだ。
一般的で自縄自縛にするようなものではなく。もし目標をあとで変えたくなったらいつでもそうすればいい。
しかしきっとたいていの年はその必要はないだろう。


なのでこうあるべきと考えるのではなく、もっとゆったりと考えて決めてみます。
多分過ごしているうちに色々と方向転換がでてくるだろうけど、それはその都度決めればいいだけの話で

今日が死ぬ日だと考えてという方法もありますが、目標は成し遂げるのに時間がかかるので、
あるていどゆるりと決めたほうがいいのかなと思います。
まあ、今日が死ぬ日だとしても目標に到達するために着実にゆっくりとやっていっていれば
いいんじゃないかなあ。その目標が自分の人生に合っていれば、別にいいんだと思うってのもあるけど


それでは、続きは追記からどうぞ〜

続きを読む
posted by アヒル at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

アヒル的2012年のレビュー (1) 何がうまくいき、何がうまくいかなかったか

Lifehacking.jpさんの年間レビューの記事を拝見していたら
なんか自分も振り返ってみようと思って記事にしてみました

2012年の年間レビュー (1) 何がうまくいき、何がうまくいかなかったか

普段は年間レビューなんて鼻ホジな人なんですが、

1年後に自分がなるべきスーパーマンを想定した目標づくりではなく、
自分をそのなかに向かって開放してゆく目標。一年後の自分に向けた、
子供を育てる親のような優しいまなざし。そんな目標づくりをしてみてもいいでしょう。


という部分を読んで、なんかちょっとやってみようかなーと思いやってみますた!

レビューの方法などはLifehacking.jpさんの記事をから引用していますので、
是非Lifehacking.jpさんの記事を読んでいただければと思います〜
オイラの振り返り記事より断然皆様の役に立ちますし。てへ。

レビューのフォーマットは

1.今年を振り返って何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかをレビューする。
2.次の一年の目標と集中すべき点について考える
3.目標を達成するために複数の道筋があるなら、どれを選ぶか考える

となっています。なんかここだけ読むと鼻ほじになるんですが、
元々のこの年間レビューをしているThe Art of Non-Conformityのクリスが
このなんかハードル高いなこのレビューということに対して、下記のことを書いています。

こうした目標設定に抵抗感がある人は、間違った目標を見ている可能性がある。
目標というのは個人的で、自分を開放するものであるべきだ。
一般的で自縄自縛にするようなものではなく。もし目標をあとで変えたくなったらいつでもそうすればいい。
しかしきっとたいていの年はその必要はないだろう。

※レビュー方法など全てLifehacking.jpさんの記事を引用

ああ、ああならなきゃ、もっと頑張らなきゃと自分を追い詰めるのではなく、
目標は個人的であり、自分を開放するものであるべきだと。
それなら自分にもできるかなーと思って。てへ。

個人的振り返り&メモの意味合いが強いですが、
それでも大丈夫なかたは追記からどぞー

あ、管理人はいまうつ病で仕事はドクターストップな療養中の人でふ。
多分もう回復期に入ってて、通常の通院以外にグループワークにも顔だしてます。
なのである程度行動できてきたけど、なんかあと一歩な感じなのかな。
気分の波が激しいので、それをどうにかできればなーと思ってまふ
そういう状態なのを加味して見ていただければと思います

あとBLスキーなのでそれも加味していただければと(/ω\)イヤン


続きを読む
posted by アヒル at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。